ズボラさんもOK!海外旅行旅行前、旅行中、帰国時の パッキングのコツ

海外旅行パッキング。旅慣れてくると荷物は減ってくるものの、それでも結構あるものです。スーツケースへのパッキングのコツについて、ビギナーさんだけでなく、旅慣れた方にも出来るだけ参考になるようにまとめてみます。
・まずは定番のパッキングをおさえよう
よくあるのが、このような定番の荷造りの図です。完璧にする必要はありませんが、とりあえずこのスタイルにするのがいいと思います。
※以下の番号は図中の番号に対応しています。
5. 衣服はたたんでくるくる丸め(もしくは平らにたたんで)、底にしきつめる。(Cocoruuは使ったことはありませんが、真冬のヨーロッパなどに行く場合、衣服を圧縮袋に入れるとコンパクトになります。)

1. 折り畳み傘、靴(サンダル)などの重いものはキャスター側へ。(サンダルはスーパーのナイロン袋に入れていました。シャワーキャップに入れる人もいるようです。)

2. 1.に入れた残りの物のうち、比較的重いものを入れる。(階段などで、取っ手を持ってスーツケースを運んだ時に、荷物の片寄りをさけるためです。)

3. 壊れやすいものを、スーツケースにどうしても入れたければ、タオルや衣服でくるみ、真ん中へ。

4. その他のものを周りに入れる。(化粧品や下着などは、それぞれポーチや巾着などに入れておくと、取り出しやすいです。様子を見て、1.2.の間などにも必要なら入れましょう。3.にあたってしまうなどで。)

6. 書類やメモ、使い捨てスプーン、いざというときの物干し代わりのナイロンひも、予備のポリ袋やポケットティッシュなど、こまごまして行方不明になりやすいものを入れています。

7. 余裕があれば、ふた側は開けておきましょう。帰りのお土産の箱入りクッキーなど、つぶれて欲しくないものを入れるのにいいです。

Cocoruuはちょっとフォーマルな場で着たいワンピースを入れて行ったこともあります。(ゆとりがあるのでしわにならなくていいです。)

荷物が増えた時のためのサブバッグを持っていく場合は7.に入れてもいいですし、本体側のすべての荷造りが終わった後、一番上に平らにのせてもいいと思います(かばんのひもなどがはみだしてないか確認を)。

・パッキングの注意点
ご存知かとは思いますが、パスポート、航空券、貴重品(現金、メガネ、コンタクトレンズなど)、壊れやすいもの(現デジカメやスマホなど)、機内で使いたいものなどはスーツケースに入れないようにしましょう。

また逆に、化粧品などの液体の機内持ち込みは厳しいので、基本はスーツケース(気圧の関係でもれやすいので、ふたをしっかり閉め、チャック袋に入れる)に入れるのが無難です。少量使いたい化粧品や医薬品、離乳食などは、条件により持ち込める場合があるので、各国の最新事情をご確認ください。

・旅行中のパッキングのポイント
連泊でなければ、そもそも「荷物を出来るだけ出さない・広げすぎない」のがポイントです。あちこちに出すほどに、忘れ物も多くなり、再パッキングの手間も増えます。

ちなみにホテルにスーツケース置きがあるのをご存知ですか?(赤の矢印)
または大きな折りたたみ椅子のようなものが置いてあることもあります。
ここにスーツケースを置き、ふたを壁にもたれかけると、出し入れしやすいです。

荷物置きがなく、部屋が狭い場合は、ちょっと高さのある場所が作業しやすいので、ベッドの上に乗せるのがおすすめ。(衛生上気になる方には、すすめません。)

連泊の場合は、使いやすい場所に物を配置するといいですが、パッキング時や部屋を出る前に、忘れ物がないかチェックを。点検箇所は、貴重品金庫、クローゼットの中、ベッドのサイドテーブル、洗面台、鏡台の上など、スリッパから靴に履きかえるのもお忘れなく。

・帰国前の荷造りのポイント
すでに書いたように、箱入りのおみやげは、スーツケースのフタ側に入れるとつぶれにくいですし、サブバッグを持って行っていくのもいいです(LCCなどは追加料金が必要かもしれません。ご注意ください。)

基本は出発時と同じですが、通常は行きより荷物が増えています。主な荷物をパックした後、それほど大きくないものなら、スキマを探してパッキングできるものです。スーツケースは結構収容力アリ。試してみてください。

機内で使うものは手荷物へ。免税品をスーツケースに入れる場合は、分かりやすい場所にまとめて入れましょう。(空港で手続き時、見せるように言われたら、すぐに出せるように。)

・出発前の荷物準備は気づいたときに少しずつ
パッキングの1つ手前の段階ですが、旅行の少し前から、部屋の隅にスーツケース(スペースがなければサブバッグ)を置き、普段使わないものなどから、気づいたときにポンポンと放り込んで置きましょう。

旅行気分も盛り上がるので一石二鳥ですよ!