2017/07/17

なんと隕石が衝突した跡地に発達した中世の町、ネルトリンゲン。散策におすすめ!

メルヘンの国ドイツロマンチック街道沿いには、それぞれの魅力にあふれた町が連なっています。

ネルトリンゲンもその1つ。ユニークなのは、なんと約1500万年前に地球に衝突した隕石によってつくられた、リース盆地のほぼ中央に発達した町だということ。
ネルトリンゲンの町
アメリカの科学者たちによって、後にそれが証明されています。

写真の町案内の看板から分かるように、城壁も丸く築かれていて、中心部にインフォメーションとヨーロッパバスのバス停があります。
ネルトリンゲンの案内看板
比較的小さな町(城壁の直径が約1km,城壁の長さが約4km)なので、散策にぴったりです。

中世の町並が良く残っていて、特に城壁は、屋根も含めて、ほぼ完全な形で残っています。回廊を歩きながら、町の雰囲気をじっくり味わってみてください。

夜の明かりに照らされた町も幻想的な感じで素敵ですね。
ネルトリンゲンの夜景
・聖ゲオルク教会
聖ゲオルク教会
町の中心からすこし南寄りに位置するこの教会の塔は、「ダニエル」という愛称で親しまれています。約90mの高さがあり、町のどこからも眺めることが出来ます。

隕石の衝突によって作られた石を使って築かれているそうです。

Cocoruuたちはツアーだったので行っていませんが、塔の上に登ることも出来(有料)、そこからはレンガ屋根の町並を見渡すことが出来ます。
ネルトリンゲンの町並み
塔の上には今も番人がいるそう。中世に戻った気分で、ノスタルジーに浸れそうですね。

その他の見どころ
・リースクレーター博物館
隕石が衝突した時の様子や、その後の地質の変化などについて解説されている博物館です。飛行士がこの地を訪れたこともあり、NASAとのつながりで月の石も展示されているそうです。すごいですね。

・バイエルン鉄道博物館
ドイツ最大級の鉄道博物館で、機関車など100両以上の車両が保存されています。

・アクセス
ヨーロッパバス:
ミュンヘンから約3時間。バス停は町の中心に近く、インフォメーションにも近いところにあります。

列車:
ミュンヘンからドナウヴァルトで普通列車に乗り換え、所要約2時間。ネルトリンゲン駅は、城壁の外側数百メートルのところにあります。

ロマンチック街道を通る間に、ローテンブルク、ネルトリンゲン、フュッセンなど、魅力的な町が次々と現れます。ローテンブルクについては、すでに記事に書いています。よろしかったらご覧ください。

いつも読んでくださっている方、ありがとうございます。全てではありませんが、旅行についてお伝えしたいことをある程度書き綴った事と、他にもやりたいことが出てきた事との両方により、更新をストップさせていただきます。約1年間本当にありがとうございました。ブログ自体はこのまま残しておきますので、過去記事に興味のあるものがありましたら、またご訪問下さい。

よかったらぜひシェアをお願いします。